イトリゾールで夏に備えよう!

夏になると裸足になる機会も増えますよね!アウトドアが好きな方は海やプールに行くこともあるでしょう。そんな楽しみが増える夏に向けて、足の悩みはイトリゾールで解決しておきましょう!当サイトではイトリゾールについて詳しくご紹介します。

イトリゾールで夏に備えよう!

水虫を治すお薬(イトリゾール)って?

水虫は白癬菌と呼ばれる真菌の仲間が、足や手に感染する事によって発症します。最初は皮膚の表面に取り付きますが、時間を掛けて角質層より深く侵入し、内部で増殖することによって痒みなどを引き起こします。命に関わるような症状ではありませんが、放置すると膿んだ部位から細菌が入り込み、細胞が破壊されて壊疽するようなこともあるため、最悪の場合は部分的に切除する必要が出てきます。そのため、甘く見ていると大変なことになるので、水虫になったら早めに治療することが大切です。水虫には指の間がジュクジュクとする趾間型、足の側面や裏側に水ぶくれができてしまう小水疱型、かかとなどが角質化して硬くなる角質増殖型、爪と皮膚の間に入り込み繁殖する爪白癬があります。水虫を治療する薬はドラッグストアなどで市販されていることもあるため、手軽に開始することができます。ただし、市販薬はクリームや軟膏などの塗り薬のみで、初期症状となる趾間型や小水疱型なら効果も十分ありますが、角質増殖型や爪白癬では薬の有効成分が皮膚から浸透して患部に届きにくいため治療は困難です。こうした際に役立つのが飲み薬となる経口薬で、皮膚科で受診して塗り薬では困難だと判断されると、イトリゾールなどが処方されるようになります。イトリゾールはトリアゾール系の抗真菌薬で、カプセル錠によって体内から有効成分を全身に広げ、爪の中に入り込んだ白癬菌やその他の内臓に感染するような真菌に対して殺菌的な作用を示します。イトリゾールは抗真菌薬の中でも副作用が比較的に少なく、パルス療法と呼ばれる特殊な服用方法で長期的な治療に向いているので、完治まで期間のかかる水虫に向いている飲み薬です。

イトリゾールの効果とは?

イトリゾールは皮膚に感染する真菌の治療に使用される医薬品で、イトラコナゾールを主成分として病院で処方されています。真菌とはカビの一種で、人間の皮膚や内臓に寄生し繁殖することで様々な障害を起こします。主に足に発生する水虫は白癬菌と呼ばれる真菌が原因となるため、真菌性感染症の中では最もポピュラーな症状と言えます。イトリゾールはそうしたカビによる感染の治療に用いられ、真菌の細胞膜となるエルゴステロールを破壊することで育成を抑制し、破壊する作用を持っています。抗真菌薬としては広い抗菌スペクトルを持つトリアゾール系に属し、水虫を中心にカンジダ、クリプトコックス、アスペルギルスなどの症状に対応しています。水虫の治療薬というと、ドラッグストアでも販売されクリームや軟膏、スプレーなどが思い浮かびますが、イトリゾールは外用薬ではなくカプセルや内用液といった内服薬で用意されています。そのため、服用することで全身に有効成分が作用し、表在性皮膚真菌症をはじめ、呼吸器や消化器に感染した症状も治療することができます。水虫の中では治療が難しいとされる爪水虫にも対応し、体内から有効成分が作用することによって真菌を殺菌的に退治してくれます。イトリゾールは血中濃度半減期が24時間と長めで、感染病巣の細胞に移行して長期的に留まることが知られています。薬剤の効果がしっかりと残るため、毎日のように服用する必要がないことから、パルス療法と呼ばれる服用方法が採られています。パルス療法は1週間だけ服用し、その後3週間を休薬として3ヶ月間、合計3回のサイクルを繰り返すことで治療が完了するというものです。面倒に思えますが、本来なら半年間は毎日飲む必要のある治療薬のため、大幅な短縮ができて高い効果を発揮するため役立つ方法として採用されています。

服用する前にイトリゾールの副作用を知ろう

イトリゾールはイトラコナゾールを一般名とする抗真菌薬のひとつで、真菌を原因とした水虫やカンジダ症、アスペルギルス症などの感染症の治療に用いられます。水虫に治療薬と効くとクリームや軟膏といった塗り薬が思いつきますが、イトリゾールは主に内服薬として用いられ、カプセル錠や内用液で病院から処方されます。経口薬として体内に吸収させるため全身に作用するので、高い効果を期待できますが、その反面で副作用が起こりやすいデメリットを抱えます。イトリゾールは広い抗菌スペクトルを持つトリアゾール系となっていて、この系統は効果に対して副作用が少ないことで知られていますが、医薬品である以上は何かしらの問題が生じることがあります。イトリゾールで報告されている副作用は吐き気や嘔吐、腹痛、下痢、手足のむくみなどで、重篤な症状は見られませんが、場合によっては肝臓が悪くなる人もいるようです。イトリゾールの特性として、血中濃度半減期は24時間と長くも短くもありませんが、爪や皮膚などの細胞への移行性が高く、成分が細胞内で長く留まるために短期で集中して服用するパルス療法が採用されています。この方法を用いると服用期間が短くなるのですが、集中して服用するため代謝を行う肝臓に大きな負担をかけることになります。そのため、肝臓病を持った患者には使用することができず、肝臓が弱い人では症状が悪化することも少なくありません。また、妊娠中や妊娠の可能性がある女性は服用することができず、高齢や持病のある人は服用に注意が必要になります。軽度の副作用でも重篤な症状が出る初期症状とも考えられるため、イトリゾールを服用して少しでも体に異変が起きた場合は、すぐにかかりつけの医師に相談するようにしましょう。