イトリゾールで夏に備えよう!

夏になると裸足になる機会も増えますよね!アウトドアが好きな方は海やプールに行くこともあるでしょう。そんな楽しみが増える夏に向けて、足の悩みはイトリゾールで解決しておきましょう!当サイトではイトリゾールについて詳しくご紹介します。

イトリゾールで夏に備えよう!

イトリゾールはどんな症状に効果的か

イトリゾールはカビや酵母といった真菌による感染症の治療に用いられる医薬品で、主に飲み薬としてカプセル錠、内用液が処方されます。有効成分は脂溶性の高いイトラコナゾールで、組織から徐々に放出される特徴を持っているため、安定して効果が持続するようになっています。血中濃度半減期は24時間となっているため、1日1回の服用で効果を発揮しますが、爪や皮膚への移行性が高く組織内で長期にわたって効果を維持することから、高濃度で服用すれば短期間で治療が完了するという特性を持っています。その性質から独特の服用方法となるパルス療法が採用され、1週間の服用と3週間の休薬期間を設けて、合計で3ヶ月の治療を行うようになっているのがイトリゾールです。イトリゾールは広い抗菌スペクトルを持つトリアゾール系で、内服薬として使用できるため全身に作用することから、表在性皮膚真菌症や内臓に感染する深在性真菌症にも有効です。白癬菌によって手足に感染する水虫や性器カンジダは皮膚症状のため、クリームといった外用薬で治療することができます。しかし、進行して爪の内部に感染した爪白癬は外用薬では成分が浸透できずに治療が困難となるため、イトリゾールを含む内服薬を使用するのが一般的です。イトリゾールは皮膚や爪に高い移行性を示し、細胞に移行した後は長期にわたって高い効果を発揮します。爪に移行した成分は1年以上もの長期間で治療効果が継続されることが報告されているため、特に爪白癬に対しては高い効果を発揮すると言われています。また、角化型の水虫に対しても塗り薬では効果が見られないため、症状の進行具合や患者の状態によってはイトリゾールが処方されることもあるようです。

イトリゾールのジェネリックとは

イトリゾールはカビといった仲間である真菌の感染症に対して効果を発揮する抗真菌薬で、イトラコナゾールを主成分にした飲み薬となります。幅広い抗菌スペクトルを持つトリアゾール系に属し、主に水虫、カンジダ、アスペルギルスの治療に用いられています。内服タイプの抗真菌薬の中では比較的副作用が少なく、独特の服用方法であるパルス療法が行えることから、採用している病院も少なくありません。イトリゾールはすでに特許期間が切れているため、先発医薬品として販売されると同時に、同成分を使用したジェネリック医薬品も多く販売されています。ジェネリック医薬品とは特許期間が満了した医薬品に適用され、厚生労働省の承認を得て製造、販売がされる薬のことです。先発医薬品に比べて開発費が大きく削減され、製造コストも抑えることで大幅なコストダウンが行われます。使用する成分は同じものなので、効果は同程度が期待でき、薬代だけを安くすることができるという制度です。治療のための薬代が安くなるので、消費者にとってはとても良いことなのですが、ジェネリック医薬品だからといって全てが良い結果を生むとは言えません。イトリゾールはカプセルに配合された成分に特殊な加工法を使用していて、吸収率を高めるようになっているのですが、一部のジェネリック医薬品では7分の1しか吸収できていないものもあるようです。これだけ吸収できなければ十分な効果が発揮できず、治療に使用することさえできないものも存在します。ジェネリック医薬品は先発医薬品の欠点を改良することもできるため、全ての医薬品が悪いというわけではありませんが、イトリゾールのジェネリックでは効果が期待できないものも多いので、ほとんどの病院では先発医薬品が採用されているようです。

イトリゾールも使いつつ、足を清潔に保とう

イトリゾールはカビの仲間となる真菌を退治するための治療薬で、イトラコナゾールを成分にしたトリアゾール系の抗真菌薬です。対応する菌種が広く真菌による大抵の感染症を治療することができますが、主に白癬菌によって感染した水虫の治療に用いられています。水虫は皮膚に感染するため、副作用の少ないクリームなどの外用薬を使用しますが、イトリゾールはカプセル錠または内用液の経口薬で、服用して成分を体内から作用させることで白癬菌を退治します。イトラコナゾールの特徴として、皮膚や爪といった細胞への移行性が高く、血中濃度が半減しても効果が持続するようになっています。そのため、爪の中にまで感染する爪白癬でも効果があり、かかとなどの角質が硬くなって成分が浸透しにくい状態でも治療することが可能です。また、イトリゾールはその性質から1週間だけ服用して、3週間は服用しないのを1サイクルとして、これを3回連続で行うパルス療法を行います。細胞内に成分が留まるため短い期間の服用で、長期的な効果を発揮するため、長い治療が必要となる水虫に効果的です。ただし、水虫に感染する白癬菌はカビという性質上、高温多湿や不衛生な状態を好みます。そのため、靴を履くことで蒸れやすくなる足で活発化しやすく、湿気だけでなく汚れによって増殖を繰り返すようになります。例えイトリゾールが白癬菌に有効であっても、服用してすぐに真菌を退治できるわけではないので、普段から白癬菌が活動をしにくいような状態を作っておくことが大切になります。仕事で靴を履くのは仕方ないにしても、蒸れにくいように5本指のソックスをはく、自宅では靴下を抜いてなるべく足を乾燥させておく、帰宅したら足を洗って清潔に保つなど生活でも気をつけておきましょう。